2010年03月01日

それぞれの保育参観

先週水曜日、次女のおたふくもぎりぎり治って(一応朝に通院してから登園)、保育参観に無事行くことができました。

まずは親子で大きなかぶごっこ。
次女は大きなかぶごっこが大好きで、家でも「ねこのママさーん」「ねずみのねえねさーん」「うんとこしょ、どっこいしょ」と毎日やっているので、さぞノリノリでやるのかと思いきや…。
「おばあさんのヒメちゃーん」と呼ばれたら、途中まで行って部屋の真ん中で立ち尽くして動かなくなりました。
なんと説得しても絶対動かず、結局1人だけ「うんとこしょ」には参加しませんでした。
なんでだ…。
(そういえば、長女も2歳の参観で、リズム遊びの時に一人だけ部屋の真ん中で立ち尽くしたことがありました。)

次はかるた。
先生が言った言葉の絵札を取る形式でした。
次女は「ぶどう」を取ることができました。
他の言葉の時は、どこにあるのかがわかっても取りに行こうとはしませんでした。
かるた遊びでは、すごく性格が出ていて、激しい取り合いになったり、取れなくて悔しくて泣いていたり、全く取る気のない子もいたり、面白かったです。
2回目も次女は「ぶどう」を取ることだけにゲームの意義を見出していました。
CIMG1769.jpg

午後は懇談会で、保護者と先生で話をしました。
長女の2歳の時の参観は、ほぼ皆第一子だったこともあって、皆初めての子育てと仕事の両立でかなりぎりぎりのところで頑張っていたので、懇談会は1年間を振り返っての話をして泣き出すママ続出、終いには先生まで泣き出し、もう涙涙の会だったのですが、2番目、3番目が多い次女のクラスは余裕のあるママさんが多く、そんな雰囲気には微塵もなりませんでした。
一人目のママで、「言葉が遅くて」とか「消極的で」とか悩みを持っていたりもしましたが、2番目以降だとどうしても上の子中心の生活になってしまうから、下の扱いが適当になってしまって、飴を常にあげていたら虫歯になったとか自分の子どもの歳を間違えるとか言ってるママもいました。
うちもだいぶ適当な方に入る気がします。
これは反省することじゃなくて仕方がないことかなぁと。

そして、長女の参観が金曜日にありました。

まずは親子で外遊び。
へびゲーム(私的にはドーンジャンケンポン)やリレーをやりました。
途中で雨が降ってきたのでホールに移動してジャンケン列車(ジャンケンで勝った人の後ろに負けた人がついていき、最終的には1本の長い列車になる)やなべなべそこぬけの難しいバージョン(2人→4人→8人…全員でひとつのなべになる)をやりました。
給食は親が食べ、子どもは持参したお弁当を食べました。
長女はお弁当持参が決まった時から「自分で作る!」と張り切っていたので、ウインナーを切って焼く、ミニトマトを洗う、その他のおかず(ほうれん草のおひたし、鶏の唐揚げ)を詰める、とやらせてみました。
CIMG1804.jpg

同じく午後は子どもの昼寝中に懇談会。
親も一言ずつ言う場があったのですが、下の子がいる家庭は「下に手がかかってあまりこの子を見てあげられない」という家が多く(うちも)、上がいる家庭は「上の子が小学校にあがって忙しく、この子にあまり手がかけられない」と…。
どうも年中というのは、なかなか放って置かれる年頃みたいです。

年長になりたがっている子、絶対なりたくないと言っている子(大変そうだから、らしい)、それより早く小学生になりたいという子、様々のようですが、あと1月弱でみんな年長さんです。
まあ年中→年長では特に大きな変更もなく、メンバーも変わらないので、親としては気楽です。
でも、先輩ママさんによると、卒園に向けて色々忙しいらしいです。

先週は、2人分の参観とおたふくで出社できたのは1日半…。しばらく休めないです。
posted by ヒロ at 23:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「2番目以降だとどうしても上の子中心の生活になってしまう」
けど、
「下に手がかかってあまりこの子(上の子)を見てあげられない」

というのが、矛盾してるようでもあり、、、、なかなかイメージがわかないわ〜

リズムは上に合わせつつ、そのなかで上は勝手に生活してもらい、下をみる、ってことなのかな。
高等テクニックだね。。。。
Posted by maki at 2010年03月02日 01:57
育児ブログを幾つか見ていていつも思うのですが、うちの保育園には「参観」はあるけれど「懇談」はないのです。
なかなか休めない働く母にとってはありがたくもあるけれど、年に何度かぐらいこんな風にいろいろ語り合う(?)のも羨ましいことだなあと思います。

まあ、そのおかげで週3日も会社を休むことにならずに済んでるので、やっぱ「ありがたい」と思うべきかもしれませんがw
Posted by 美香 at 2010年03月02日 20:50
>maki
指摘されて初めて気がついたわ…。確かに矛盾。
うーん、なんだろ。やっぱり1人より2人いると、手がかけられることは半分になっちゃうから、どっちもちゃんと自分の理想通りには手がかけられなくなってるんだろうな…。

前に、上は下が生まれるとそれまで自分に100%注がれていた愛情が半分(半分以下?)になるから情緒が不安定になる。下は元々生まれた時から50%というのに慣れているので別に愛情が少ないとかは思わない。だから下が生まれたらより上の子を気に掛けるぐらいがちょうどいい、みたいなことを読んだことがあるよ。

>美香さん
懇談会、ないんですか、へー。
まあ年に2度なので、それ程負担ではないんですが、週2となるとちょっと周りの視線が気になります。
参観と懇談会の合間にファミレスでお茶したり(一度保育園を追い出されるので)、貴重な時間ではあります。
Posted by ヒロ at 2010年03月03日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。