2010年01月22日

4歳11ヶ月と私の記憶

長女が誤って次女の足を踏んでしまった。
長女が「ごめんね」と言うも痛がって泣く次女。
長女「ごめんね!ごめんね!!」「…ヒメちゃんがごめんねしたのにいいよって言ってくれない!」と泣き出す。
2人で泣いててもうワケ分からん。
言ってることはだいぶ大人びているけど、まだ4歳(もうすぐ5歳だけど)。
妹に意地悪されていると思ったみたい。
そういう訳じゃないんだよ。

最近の言い間違い。
「ヒメちゃん、そういうことしたらねーね承知するから!」
間違いを指摘したら
「そういうことしなかったらねーね承知しないから!」
「明日もそういうことしたらねーね承知するね」
?????

保育園のクラスの掲示板で
「保護者会による観劇会が1/21に行われます。ご都合のつく方ご参加ください」
という張り紙を見て、
「ママ。この21日の飲み会行くの?」
飲み会??そんなのないよ、21日の午前中の劇の話だしお仕事だから行けないよと言ったら、
「だって『よる』って書いてあるよ」
ああ確かに。そうやって読める文字からいろんなことを推測してるんですね。

自分が4-5歳、年中さんの頃の記憶。
ちょうど年長で引越したので、年中さんまでの記憶というのが場所と連動しています。
あの場所だったから、あれは年中以下のことだ、みたいな。
・自転車の練習を近所の公園でした。いっぱい転んだ。
・近所のひとつ上の女の子とよく遊んでいて、その子に黄色か赤の点滅信号のことを「あれが青になるまで進めないからおうちに帰れないんだよ」と言われて信じて泣いた。
・スイミングに通っていて、帰りに紙パックのジュースを買ってもらっていた。ヨーグルト味が好きだったような。
・スイミングの帰りかな?お友達のお母さんの運転する車に乗っているとき、開かずの踏切に引っかかり(中央線沿線だった)、おうちに帰れないんじゃないかと不安になった(泣いた?)。
・幼稚園の先生がやってくれた手品を本気で信じていた(ハンカチが右耳から入って左耳から出てきたり、ボールを上に投げて何分かしてから落ちてきたり…)
・弟(2歳下)がトイレに閉じ込められた(自分で鍵を掛けてしまって開けられなくなった)。家族総出で救出。

結構覚えてることあります。
posted by ヒロ at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば私、大人になってから実家のトイレを出ようとしたら取っ手が取れて、出られなくなったな…。
どうやって脱出したのか思い出せません。。。
久々にコメントなのにこんな内容ですみません(笑)相変わらずみぃちゃんは可愛いですね!!
Posted by わかみ at 2010年01月26日 23:37
>わかみさん
おひさしぶりです。
大人になってから閉じ込められるのも怖いですね…(笑)
Posted by ヒロ at 2010年02月06日 00:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138985496
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。